【KIZUNA引越センター利用者】引越しの手間を下げるポイント

KIZUNA引越センターを使用したユーザーさんに引越しのコツをお聞きしました

 

 

引越し先の広さや距離はきっちりチェック!

 

KIZUNA引越センターの引越し料金が【最大半額】まで安くなる!?

引越し経験6回の意見を以下に記述します。

 

確実に内見時に広さを測ること。
事前に引越しで搬入する物の量と大きさを測っておいて、内見時に照らし合わせること。

 

また、引越し時に必要最小限な物のみ運ぶこと。
思っている以上に以外と部屋が狭くなってしまうということはよくある。

 

引越し先から、最寄り駅までの道を実際に歩いてみること。
※1往復くらい。

 

そうする事で引越し後の時間管理がしやすい。

 

オーナーや不動産屋、交番などで、引越し先のトラブル問題について確認する事。
※騒音問題などでは警察が出動する事もあるため。

 

内見時に部屋の通気性の良さを確認する事。
※通気性が悪く、湿気が多いとカビが発生し、身体に影響する場合があります。

 

私は実際に影響しました。

 

 

 

梱包を少しでも楽にする方法

 

要らないものは思いきって処分する!と決めて4回目の引っ越ししました。

 

なぜかと言うと、使わないものを勿体無いと箱詰めしても、片付けが後回しになり、終いには梱包したまま収納になっていたからです。
使わないものは使わないんです。

 

我が家は4回目にして思い切れました。
なければ無いで何とかなるんです。

 

そのおかげで、片付け時も後回しのものが無くなり、次々とスムーズにいきます!
新しい生活をスムーズに始めるには、毎日使うキッチンなどは使いやすいように必ず人任せにせず、自分で片付けるようにしています。

 

あらかじめ動線を考えた収納を考えておき、収納に必要な小物や棚等も採寸し、揃えて置くと便利です。
1回収納したものをまた出し入れすること程、労力を使うことはありませんので。

 

スムーズに生活始めたい方は優先順位と片付けのシミュレーション!ぜひおすすめです。

 

 

KIZUNA引越センターで引越しをした感想

 

 

今回、KIZUNA引越センターに引越しを依頼しましたが、作業スタッフの質がしっかりしていて、とても助かりました。
(清潔感もあって話しやすかったのも好印象)

 

…と思ったのは前回とある大手に引越しを頼んだ時に嫌な思いをしたからだったりします。

 

当時、頼んだ業者から派遣された作業スタッフは体つきの良い男性複数名で、契約した新築アパートにに荷物を運んでいただきました。
一人リーダーのような方がいらっしゃって、その方が若いスタッフさんに指示を出していたのですが、若い方々はあまりやる気がないように感じました。

 

冷蔵庫を運ぶ時にキッチンの壁に冷蔵庫の底の部分をぶつけ、壁に若干傷がつきました。

 

冷蔵庫の底は少々部品がぐらついてしまいました。
忙しかったので何も私たちからは言いませんでしたが、謝罪があってもいいのではと不快感を感じました。

 

リーダーの方はとても丁寧に作業してくださり、荷物の運搬のみでなく、バタバタしている家族にもお声をかけてくださいました。

 

失敗は誰にでもあることなので、家具をぶつけてしまったという点はそれほど気になりませんが、やはり態度、振る舞いにより、信頼ができなくなるので、若い従業員の教育に尽力していただきたいです。

 

 

 

引越し準備を効率良くするポイント

KIZUNA引越センターの引越し料金が【最大半額】まで安くなる!?

 

経験から梱包材の質や提供数などもしっかり確認したほうがいいです。
粗大ゴミなどはすぐに廃棄できないので、引越しを機に処分するかどうかの見極めを早く行い、処分は計画的に早めの対応をしたほうがいいと思います。

 

もったいないと思うものは友人などに声かけし、見てもらって納得してもらえればお譲りするのが最適です。

 

季節のものでないものは早めに選別し梱包してしまいます。
冷蔵庫は早めに電源を落とさないといけないので、中をどんどん減らしていくことも早めに意識しておいたほうがいいです

 

直前は引越し先のおそうじなども気になれば済ませてカーテンなども準備しておくと、引っ越しした当日も安心できます。
引越し先の生活必需品購入場所も要チエックです。